りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

末廣亭3月中席昼の部

3/12(土)、末廣亭3月中席昼の部に行ってきた。

・あんこ「狸賽」
・一之輔「手紙無筆」
・正楽 紙切り
・一蔵「権助魚」
・左龍「真田小僧
ホンキートンク 漫才
・菊寿「小言念仏」
・錦平「壺算」
・ストレート松浦 ジャグリング
・志ん弥「替り目」
・川柳 歌で綴る太平洋戦争
・アサダ二世 マジック
・小さん「長短」
〜仲入り〜
・燕路「まぬけ泥」
・のだゆき 音楽パフォーマンス
・志ん橋「穴子でからぬけ」
・仙三郎社中 太神楽
・はん治「鯛」

あんこさん「狸賽」
狸が「やんす」「やんす」言うのはどうなんだろう。
「じぇじぇじぇ」ももうやめたほうが…。

一之輔師匠「手紙無筆」
一蔵さんの出番に一之輔師匠が!きっとこの後仕事が詰まってるんだろうなぁ。売れっ子なのにできるだけ寄席に出ようとしてくれるのが嬉しい。
まだ始まったばかりでお弁当を食べてたりざわざわしてる客席をいじる。私の隣にもまだお弁当を食べ終われていない男の人が二人いたので大うけだった。
この二人の方もそうだったけど、この日はお客さんが本当にいっぱいで初めて来た感じの人も多かったんだけど、みんな一生懸命を聴いていて素直に笑っていてとてもいい雰囲気だった。何度も「いいお客さんだなぁ」と思った。ってあたしゃ何様だ?!
でもざわざわした客席を落語でぎゅっと自分の方に意識を向かせるのはさすが。寄席で一之輔師匠を見るといつもほんとに惚れ惚れする。

ホンキートンク 漫才
わーい、ホンキートンク
漫才がホンキートンクだった時の当たり感よ…。これだけであと何回か行こうかなって気になるんだよなぁ。
この日は桟敷にお子さんがいらしてたんだけど、この子がほんとに反応がよくて、特にトシさんの動きに大爆笑していてトシさんがどんどんエンジンがかかっていくのが見ていておかしかった〜。
弾さんが「お前…やりにくいわ!」とつぶやいたのもツボ。
いつものやつも面白いけど、見るたびにまた新しいネタを入れて来てるところもたまらない。

ストレート松浦さん ジャグリング
桟敷のお子さんがジャグリングに大興奮。「すごいすごい!!」と素直に声を上げるのがほんとにかわいい!
ストレート松浦さんも戸惑いながらも嬉しそうで客席のボルテージもどんどん上がっていって、すばらしい。 ほんとにこの方のジャグリングはいつ見ても感動する!

小さん師匠「長短」
志ん弥師匠が「替り目」をやってくれたおかげで本当に久しぶりに小さん師匠の「親子酒」以外の噺を聴くことができた。グッジョブ。

はん治師匠「鯛」
二階席まで満員のお客様。これはきっと「いつもの」でくるだろうなと思ったら、やっぱりの「鯛」。
トリの芝居を見に行くときはできればいつもと違うのを見たいと思うけど、これだけ初めてのお客さんが大勢入ってたらやっぱりテッパンに行くよなぁ。
ちょっと残念と思ってしまったのだが、でも最初から最後まで本当に面白かった。
魚が泳ぐ仕草をためらいがちに始めただけでもうおかしくておかしくて。
客席もどっかんどっかんとウケてすごくいい雰囲気だった。