りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

流

★★★★★

1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

面白かった!!
満場一致の直木賞というのも納得。
莫言の作品といわれても、へ〜そうなんだ!と納得してしまいそう。それぐらい日本人っぽくない中国とか台湾の香りのする作品だった。

暴力や戦争を描きながらもカラッとしたユーモアがあって、また魔法のような存在の力も描かれていて、それがとても楽しい。
決して明るい物語ではないけれど、少年の成長の物語でもあるのでそこにも救われた。

これ以外の作品はどんななんだろう。とても気になる。他の作品も読んでみたい。