りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

スキン・コレクター

スキン・コレクター

スキン・コレクター

★★★★★

科学捜査官リンカーン・ライムは、犯罪の天才ウォッチメイカーが獄中で死亡したとの報を受けた。その直後、新たな難事件がもちこまれる―腹部に謎めいた文字を彫られた女性の死体が発見された。犯人はインクの代わりに毒物で刺青を刻み、被害者を毒殺したのだ。現場で発見できた証拠物件はごくわずかだったが、犯人が残した紙片はニューヨークで起きたある連続殺人に関する書籍の切れ端だった―ライムが解決した“ボーン・コレクター”事件である。犯人はボーン・コレクターの手口とライムの捜査術に学び、殺人をくりかえしているのか?次の犯行はどこで起きるのか?被害者に彫られた文字は何を意味する?スキン・コレクターの真の狙いはいったい何か?すべてを解くカギは証拠の中に!“ドンデン返しの魔術師”ディーヴァーが放つ会心作。緻密な伏線と手がかりから、二重三重に擬装された衝撃の完全犯罪が浮かび上がる!

最近の作品の中では「バーニングワイヤー」を超えるものはないなぁと思っていたけど、これは面白い!
タイトルから第一作目を連想させるが、期待にたがわず力の入ったサービス精神満点な作品だった。

インクの代わりに毒物で刺青を刻んで被害者を毒殺する天才刺青師。それで「スキンコレクター」かー。いかにもディーヴァーらしい犯人像だなぁと思いながら読んでいたのだが、いやいやいや、やっぱりそれだけでは終わらないのだ。
えええ?な真相にさらにえええ?がある楽しさ。

いつもの登場人物たちだけじゃなく、最近はライムたちに専門知識を指南してくれる脇役がいい味を出していてそれも楽しい。
出し抜かれたり出し抜いたりも楽しいし、なによりこのスピード感が魅力だ。どんでん返しも期待通り。次回作への伏線もたっぷりで次がまた楽しみ!