りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

鈴本演芸場10月下席夜の部

10/29(土)、鈴本演芸場10月下席夜の部に行ってきた。

昼間は談幸師匠の会に行って夜はこれ。そのあと家に帰って仮眠をとって深夜会社に行ってリリース作業というハードワーク。あたし大丈夫かちら…。コンビニでコーヒーを買って会場へ。


・市朗「転失気」
・仙三郎社中 太神楽
・燕路「幇間腹
・志ん陽「たらちね」
・ひびきわたる キセル漫談
・圓太郎「親子酒」
・雲助「時そば
~仲入り~
・ホームラン 漫才
・さん助「雑排」
・ダーク広和 マジック
・左龍「茶の湯


仙三郎社中 太神楽
仙成くんのトーク(?)がうまくなってる!声もいいしタイミングがいいので客席から笑い声がおきる。すばらしい~。なんかほんとに最初の頃から見ているとすっかりハハの気持ち。がんばれ~。


燕路師匠「幇間腹
誰か若手に教わったんじゃないかなぁと思うような不思議な「幇間腹」。燕路師匠らしくないくすぐりが入るのが意外ですごく楽しい!


志ん陽師匠「たらちね」
聞き飽きた噺がこんなに面白いなんて!しかもすごく改変しているわけでもないのに。楽しかった!好き好きこの師匠。


ひびきわたる先生 キセル漫談
漫談…というより普通のおじさんの立ち話でほげーと聞いていたのだが最後のほうで「今日はいいお客さんだからいつもはやらないのをやっちゃう。これはめったにやらないやつだから。お客さんたちは運がいい」と言った後に「言うことは大げさでやることは小規模」とつぶやいたのがツボで大爆笑。


さん助師匠「雑排」
おお、なんか久しぶりに「雑排」を聞いた気がする。昨年は「雑排」率が高かったけど今年はそんなに聴いてない気が…。
「40過ぎたらばばあ」って、客席に喧嘩を売ってるね!
このこのうねこのうーこのねこのうーー。しみじみ変な雑排だ。でも好き。