読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

池袋演芸場10月中席昼の部

10/19(水)、「池袋演芸場10月中席昼の部」に行ってきた。
この日は逗子で小三治師匠の落語会があったので有休をとっていた。昼間はどこに行こうかなぁとかわら版を隈なく見て、歌丸師匠トリのこの寄席に。

・金の助「道灌」
・鷹治「強情灸」
・まねき猫 動物ものまね
・可風「やかん」
・枝太郎「いもりの黒焼」
北見伸&スティファニー マジック
・米福「代書屋」
・歌春「鮑のし」
~仲入り~
・正二郎 太神楽
・幸丸「田中角栄伝」
・扇鶴 音曲
歌丸火焔太鼓
 
まねき猫先生 動物ものまね
前にも見たことがある「枕草子」をモチーフにした動物ものまね。
素晴らしかった。
特に秋の虫の声は…ずっと聞いていたかった。小学生のころを思い出してじーん…。
 
可風師匠「やかん」
わーい、可風師匠!お披露目で見て以来とても気になってる噺家さん。
トリが歌丸師匠だったこともあって客席はお年寄り多かったんだけど、そのお年寄りも大爆笑させる、自分の師匠の「おじいちゃん」ネタのまくら。愛がこもってるから全然嫌な感じがしなくて、楽しい。
そんなまくらから「やかん」。魚の部分もたっぷりで、やかんのばかばかしさも際立つ。
可風師匠、もっとたっぷり見てみたいなぁ。
 
ところでこの高座の最中に後ろの席で「うるさいんだよ!」と怒声が。
どうも二人組のおばあさんたちのおしゃべりが気に障ったらしく男の人がそのおばあさんたちを怒鳴りつけてるのだ。
おばあさんも負けずに言い返したりして、一種異様な雰囲気に。
気持ちはわからなくはないけど(何か気付いたことや気になることがあると黙ってられないおばあさんたちって結構いる)高座中に怒鳴るのはほんとにやめてほしい。
高座の可風師匠も心配そうだったし、その後も後ろが気になって仕方がなかった。こわいなぁ。
 
枝太郎師匠「いもりの黒焼」
無理。
 
米福師匠「代書屋」
たっぷりの「代書屋」。楽しかった。ふつうにやってふつうに楽しい人が好きだ、私は。
 
幸丸師匠「田中角栄伝」
政治ネタは苦手なのでしんどかった…。
 
扇鶴先生 音曲
見るたびにどんどん好きになる。あの間と笑顔がたまらない。大好き。
 
歌丸師匠「火焔太鼓
今36キロしかないという歌丸師匠。
昨年の7月も今年の7月も腸閉塞で入院した。入院してる間は一切口から食べ物はとれず、水と飴ぐらいしか口にできず、ますます痩せてしまった。
医者に「なんで腸閉塞になったんでしょう」と聞くと、「痩せすぎなのと、胃下垂によるもの」とのこと。「もっと太ってください」。
もっと太れと言われても生まれてこの方太ったことなんかない。だけどどうにか頑張って食べるようにしていたんだけど、今年の7月にまた腸閉塞を起こして飴と水だけ…また痩せちゃった。
この中にも経験されてる方はいると思いますけど、入院して回復してくると病院っていうのは本当に暇だねー。テレビつけても面白くないし、一日が長いのなんの。
 
でも私気付いたことがあります。病院では冗談は言っちゃいけないね。
看護師さんが「何か足りないものはありますか」って聞いてきたから「そうだね。お金が足りないね」と答えたら、まさかそんな返事が返ってくるとは思ってなかった看護師さん、ゲラゲラ笑いが止まらない。
笑いながら採血するものだから痛いのなんのって。
もう看護師さんに冗談は言うまいと決めました。
 
ほんとに以前よりももっと痩せて頬もくぼんでいるんだけど、話し始めると声に張りがあるしユーモアたっぷり。
すごいなぁ…。気力もすごいけど、落語に対する情熱がまるで衰えてないということが素晴らしすぎる
そしてそんなまくらから「火焔太鼓」。
 
人が良くて商売下手な甚兵衛さんと1言えば100返してくるおかみさんの会話が楽しい。
通りかかったお殿様が太鼓を見せに来るように言ってると聞いて舞い上がる甚兵衛さんにおかみさんが「あんな汚い太鼓を持っていったらお前さんは松の木に縛り付けられるよ」。
それを聞いた甚兵衛さんが「俺、行くのやめようかな…」と気弱にいうのがなんともいえずかわいくておかしい。
お屋敷についてからもびくびくしていて、ふと横を向いて「松の木がある…」と首をすくめるのがおかしいやら気の毒やら。
 
そして殿が太鼓をお買い上げになるぞと伝える三太夫が、甚兵衛さんに向かって「手一杯にもうせ」「私がこう申すのもなんだが、商売人は儲けるときに儲けておかないと」というのがすごく好き。この噺で一番好きなところかも。この台詞に歌丸師匠の優しさがにじみ出ていてとてもチャーミング。
 
すごく陽気で楽しい「火焔太鼓」だった。素晴らしかった~。満足。