りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

お江戸日本橋亭定席公演 若手特選会 日本橋成金

8/24(水)、お江戸日本橋亭で行われた「お江戸日本橋亭定席公演 若手特選会 日本橋成金」に行ってきた。

・茶光「つる」
・金の助「道具屋」
・昇也「寄合酒」
・昇々「あごびょん」
・南なん「へっつい幽霊」
~仲入り~
トークコーナー(南なん、昇也、昇々、鯉八、柳若)
・柳若「七戸狐」
・鯉八「長崎」

昇也さん「寄合酒」
浅草で笑三師匠の司会で若手大喜利をやってるという話。
とにかくスピードがあって明るくて楽しい。まくらも面白いし好きだなぁ。
初めてのお客さん(団体客も)の心もグッと掴む。さすが。

昇々さん「あごびょん」
昇々さんの前にお客さんがまたどっと入ってきて会場は一種異様な雰囲気に。なななんだこれ?
そこに出てきた昇々さん。
落語初めてのお客さん多いみたいですけどあらかじめ言っておきますけど私の落語はあくが強いです」
これには大笑い。確かに強い。わはははは。

日曜の昼間にやってる「ザ・ノンフィクション」という番組が大好きだと言う昇々さん。先日見た私立高校の応援団の話をして、それをうまく噺に取り入れつつの「あごびょん」。
いやー笑った笑った。おバカ男子のおバカが全開で楽しかった!

南なん師匠「へっつい幽霊」
南なん師匠だ出てくる前に団体客が一斉に退場。な、なんだこりゃ?いやでも良かったかも。むしろ。なんか異様な雰囲気だったから。
いつもの励まし合っていきましょうからの「へっつい幽霊」。
幽霊がかわいくてかわいくて…。
こんな幽霊いるかもしれないと思わせる何気なさ。
へっついを勝った男のからっとした明るさも楽しい!

トークコーナー(南なん師匠、昇也さん、昇々さん、鯉八さん、柳若さん)
大好きな南なん師匠に若手が次々質問をして芸談を聞くという夢のような企画。

・入門について
寄席に通ってて噺家になりたいなと思ってね。
審査したんですよ、噺家を。何人か候補がいてね。
それで最終的にうちの師匠にしました。
芸協が好きだったから芸協に入ろうと思ってた。
最初は断られた。食えねぇよ、よく考えろと言われて。
それから親と一緒に来いって。
困ったね。親には内緒だったから。
オヤジを説得して一緒に行ったけど、そこでも食えないからよく考えろって言われて。
次の日電話して親も大賛成してますって言ったら、それじゃしゃーねーなって。この電話公衆電話からしたの。家からはかけられなかった。ほんとは反対されてたから。

・見習い時代
半年は鞄持ち。
その頃に師匠が北海道にいくから一緒に来いって。
嬉しくってねえ。北海道に行けるのかって。
船で行ったんだけど台風ですごいしけで。ものすごく揺れて。風呂なんか波打っちゃって風呂の中でちょっと溺れちゃった。
師匠はあとから飛行機で来て。
でもそれからはもう毎日小言。おめえはなにボーッとしてんだ!てきぱき動け!って言われて。
そう言われてもなにもわからないからなにしていいかわからない。
仕方なく体をただこんなふうに(手と足ばらばらに)動かしてみたりしてまたおこられて
行くときは嬉しかったけどもう早く帰りたかった。

・最初に教わった噺、師匠から教わった噺
最初に教わったのは寿限無
師匠からじゃなくて兄弟子の南喬師匠から。
三遍稽古で録音しちゃダメで…あれは覚えるコツがあるんだけど、そんなの知らないから何べんやっても覚えられない。5回、6回と稽古してもらってるうちに、南喬師匠はそのころアパートに住んでたんだけど、隣の家の子供の方が先に覚えちゃった、寿限無あれは悔しかったね。

師匠からも直接噺を教えてもらった。胴切りとか百年目とか。
師匠は自分の高座をビデオに録ってて、それを見ろって言うから、テレビの前に正座してテレビに向かって「よろしくお願いします」。しばらくして、あ、となりに本人がいると気がついて、そっちにも「よろしくお願いします」。
胴切りは素人のときに師匠のを見ていて好きだったんだけど自分が入門してからはやってるのを見たことなくて、あーもうやらねぇのかなぁ忘れちゃったかなぁと思っていたら、ある時ふと寄席でかけたので、いまだ!とおもってすぐに稽古してくださいって、頼んだ。

芸協じゃない師匠からも教わった方がいいなとおもって、落語協会の師匠方に教わりに行ったりしてる。さん喬師匠、とか。
「だから芸協でされてる落語協会の噺は南なん師匠から教わった人が多いんですよね」

・「師匠は志ん朝師匠にもはまってましたよね?」
住吉躍りに参加してたから。落語協会の寄席で出番をいただけたのはありがたかった。いろいろ勉強になった。
膝を悪くしてもう踊れなくなっちゃったけど。
雰囲気は違うし気を使うよね。(その前に昇也さんが住吉踊りに出て楽屋で居場所がないとまくらで話していたので)

・「二ツ目になってからどんな風に過ごしてたか。」(鯉八さん)
最初の半年は先輩から仕事もらえてパラダイスだったけどそのあとは地獄だったね。今みたいに二ツ目が落語やる場所があんまりなくて。
だからいろんなことやったかな。
で、からだ壊しちゃった。栄養とれなくて空気ばっかり吸ってたから。
過呼吸
おれのはそれよりきついやつ。えばって言うけど。あれは空気の吸いすぎ。

・「趣味は?」
いろいろあるよ。映画好きだし芝居も…歌舞伎を見に行った。今は新劇。
あと俳句もやるし。
浪曲を習いに行ったこともあったな。(といってうなる。)

二ツ目のとき、蝠丸師匠と鯉昇師匠が電話してきて、今伊豆にいるから来いよって言われて、仕事かなと行ってみたら、駅に迎えに来てくれた二人が懐中電灯持ってこれから散歩に行く、って。
廃墟になってるホテルがあるから探検に行くって言う。
行ってみると真っ暗でいかにも薄気味悪い。
あたしはそういうのがすごく苦手で。二人はそれを知っててわざと呼んだんだね。
入りたくなかったけど一人で外で待つのも怖いから怖々入ってみたけど。
そのときになにかに…とりつかれちゃった。ああいうのって一番怖がってる人につくんだって。
それから帰ってきて悪いことばかり起きる。ほんとに悪いことが、次から次へと。
これはお祓いしなきゃと思ったけどどこにいったらいいかわからない。とりあえず浅草の観音様行って、あたしになんかわからないけどとりついてます。どうか助けてください、ってお願いしたら、それからなくなった。だからなんかご利益があったんだね。

「もしかするとそれがこんどはうちの師匠にとりついてハゲちゃったのかも。」と柳若さん。
そうか。私を経由して鯉昇師匠のところに行ったのかも。

・「7年ぐらい前の芸協の機関誌に師匠が近くの小学校に行って校庭の鉄棒にぶら下がってるって書いてましたけど今もされてるんですか?」(鯉八さん)

あ、あれはね、学校じゃなくてグラウンド。家の前にグラウンドがあるんだよね。そこの鉄棒にぶら下がるの。懸垂とかなにもできないからぶら下がるだけ。
今日は28秒できた、とか。
「案外短いですね!」(笑)。
最近はもっとできなくなってきて17秒…

・お客さんからの質問コーナー
「いちばんのしくじりは?」

いろいろあるなぁ。いろいろしくじってるんだよね。
師匠の頭にトースター落としちゃったり。
そのときはおかみさんのほうが激怒した。この人になにかあったらあたしと娘は路頭に迷うのよーって。

あと自分の後輩が二人入って嬉しくて師匠の家の掃除をするのに、自分はマッサージチェアに座って、二人に指示してたら、師匠が飛んできて、お前は何様のつもりだ!って。

でもうちの師匠がありがたかったのはそれでも破門にせずにおいていてくれたこと。
他の師匠だったらきっと破門になってた。

「成金のみなさんは南なん師匠のネタで何が好き?」
水屋の富
徳ちゃん
仲村仲蔵

(鯉八さん、水屋の富を熱く語る)

とにかく南なん師匠がお茶目で気さくで意外にも話好きで、成金メンバーが前のめりになって話を楽しんでいて、聞いてる私たちもほんとに楽しくて、最高の時間だった!

柳若さん「七戸狐」
前に小助六師匠で聞いたことのある噺。
狐に化かされてトホホな男二人が楽しい。
汗だくの熱演。

鯉八さん「長崎」
久しぶりに鯉八さんの聞いたことのない新作を聞くドキドキを味わった。
どういう展開をするのか分からずに噺の世界に入り込む楽しさよ。
最初の「今日は蝉がやけにうるさいと思ったら」でハートを鷲掴みに。

旦那の墓の前で妻が、結婚前に二人で初めて行った長崎のことを思い出す。
せっかくの旅行なのに、前に付き合っていた女と行ったことをちょいちょい口走る彼氏にブチキレる彼女。
このハートウォーミングなような非人間的なような、甘くて苦い独特の世界。
やっぱり鯉八さんは面白いなぁ!

5時半開演で終演が9時という長丁場だったけど、ほんとに楽しかった~。満足!