りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

浅草演芸ホール6月上席夜の部

6/17(金)、浅草演芸ホール6月上席夜の部に行ってきた。

・一猿「子ほめ」
・喬の字「権助魚」
・さん助「手紙無筆」
・勝丸 曲芸
・圭花「道具屋」
・ぼたん「シンデレラ伝説」
・ダーク広和 マジック
・文菊「長短」
木久蔵「勘定板」
・二楽 紙切り
・志ん輔「替り目」
~仲入り~
・ぺー 漫談
・喬之助「締め込み」
・種平「忘れ物承り所
ホンキートンク 漫才
・雲助「新版三十石
・小菊 粋曲
・さん喬「幾代餅」

一猿さん「子ほめ」
前座さんらしい大声で素直な落語なんだけど、時折すごく面白い。いいな、この前座さん。

さん助師匠「手紙無筆」
絶対読めてない兄貴のさぐりの入れ方がおかしい。ちょっとお疲れ気味?

雲助師匠「新版三十石
いやもうこの突き抜けた酷さが最高。芝居調でいい男をやる雲助師匠と、なまりまくりで時々入れ歯の外れる浪曲師のギャップに萌えるわー。

さん喬師匠「幾代餅」
さん喬師匠の「幾代餅」でこんなに浅草がどっかんどっかんウケるのっていったい…。
とにかくこの日はお客さんが大勢でノリノリで、中には飲みすぎてえずくオヤジもいたりして一種異様な雰囲気ではあったんだけど、それにしてもいろんな意味ですごい高座だったなぁ。
いやしかし最前列でオヤジが二人で本気飲みしてて地声で喋るわ、いちゃいちゃするわのやりたい放題。仲入りで帰ってくれるかと思ったらそのまま残って今度はおえーおえーやりだすわ、ほんとにカオス。そんなに飲みたきゃ飲み屋に行けばいいのに。