りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

永い言い訳

永い言い訳

永い言い訳

★★★★★

長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

とてもよかった。
幸夫は共感できない主人公だがなぜか他人事には思えずとても身につまされた。
子どもがいるいないで夫婦の関係も随分違うのだろうと思う。
またお互いの関係性も長年一緒にいると変化し、夫婦間が「底」の状態の時に片方が突然の事故で亡くなってしまうと、残された方はどう悲しめばいいのか分からないということもあるような気がする。

不感症状態の幸夫が大宮家に入って子どもたちと接することで、感情が裸にされていくところがとてもいい。
そして彼のこの体験がきれい事で終わらないところも。
なによりも幸夫が作家の貪欲さを露にするラストがとても良かった。