りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

末廣亭11月中席夜の部

11/19(木)、末廣亭11月中席夜の部に行ってきた。

・才賀「カラオケ刑務所」
・小さん「親子酒」
〜仲入り〜
・丈二「権助魚」
笑組 漫才
・はん治「妻の旅行」
・小ゑん「長い夜」
・勝丸 太神楽
・白鳥「新婚妄想曲」

はん治師匠「妻の旅行」
わーい、はん治師匠!
何度も聴いている「妻の旅行」なんだけど、何度聞いてもいつも笑ってしまう。
これだけ奥さんの愚痴をこぼしながら、これっぱかりの毒気がないというのがほんとにすごいな。はん治師匠にしか出せない味だなぁ…。
「お前のかあさんな。…あれは料理が下手だぞう」
ほんとに絶妙の間で、それまでわりとしーんとしていた客席を一気に沸かせたのはほんとにすごい。

小ゑん師匠「長い夜」
わーい、小ゑん師匠!
白鳥師匠がトリの芝居をこうして平日の夜に末廣亭に聞きに来るのはマニアのお客さんですね。じゃ今日はマニアに向けてがんばっちゃいます、と「長い夜」。
たしかにこれ、頑張る噺(笑)。スタバの難しい言いたてはあるわ、最後はラップもやらなきゃいけない。
ばかばかしいことを真面目に頑張るって素敵!

白鳥師匠「新婚妄想曲」
田舎に戻ってきた美人の同級生南ちゃんと結婚できることになった冴えない男が、自分なんかを彼女みたいな人が好きになってくれるはずがない、と疑心暗鬼にとらわれるという噺。
白鳥師匠の新作落語ってなんかよくできてるんだよなぁ…。
変な落語!!と思いながら、気が付くと引き込まれてゲラゲラ笑ってしまう。
楽しかった。