りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

にょにょにょっ記

にょにょにょっ記

にょにょにょっ記

★★★★

元気さの単位を考えたり毛布の中の見つからない穴を探したりと、日々順調に妄想と詩想の間をさまよい歩く穂村弘。日記という日常の記録が、言葉の鬼才の脳内を通りぬけ、ぴかぴかに結晶、ビザールかわいい一冊に。本作から共著者となったフジモトマサルの漫画も増量です。

楽しい! 町にいてふと耳にした会話。テレビから流れる気になるフレーズ。古本屋で見つけたおかしな本。
もしかすると聞き間違えたのかもしれないし、夢だったのかもしれないし、妄想なのかもしれない。
この現実と虚構のふわっとした境界を短くてユニークな言葉でぎゅっと表現するのがにょっ記の魅力だ。

イラストがまたエッセイにマッチしてして楽しい。