りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

柳家小三治 独演会 

7/29(水)松戸市民会館で行われた「柳家小三治 独演会」に行ってきた。

・喜多八「たけのこ」
小三治「馬の田楽」
〜仲入り〜
小三治「野ざらし」

喜多八師匠「たけのこ」
喜多八師匠の開口一番は久しぶり。普段、小三治師匠について毒舌を吐いてる喜多八師匠が「師匠の前に上がるのは久しぶりで嬉しいような心持ち」と可愛らしいことを言うので笑ってしまう。
モニターを意識してる?ぶわはは。
立ち食いソバのおいしさを熱く語ってから「たけのこ」。楽しかった。

小三治師匠「馬の田楽」
ばんえい競馬のまくらから「馬の田楽」。
小三治師匠の「馬の田楽」は本当に絶品で、決して爆笑できる噺ではないのにその世界にずっと浸っていたくなる。
子どもの子どもらしさ(小憎らしいのだがそこがいかにも子供っぽい)、耳の遠いおばあさんや「俺は気が短い」といいながらとんでもなく気の長い男のおおらかさ、酔っぱらいのしょうもなさ、それらがすべて憎めなくて楽しい。

小三治師匠「野ざらし」
前半がたっぷりだったので、後半は「野ざらし」を気持ちよく。
たまには最後までたっぷり見たいけど、鼻をひっかけるところまで。