りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ねじの回転

ねじの回転 (新潮文庫)

ねじの回転 (新潮文庫)

★★★★

大学生の頃に読んでそのときはただただ面白いと思ったのだが、いま読むといろいろ考えさせられる。
実際にはどういうことだったのか?と考え始めるとなにがなんだかわからなくなる。穿った見方をするときりがない。
怪談?妄想?幻想?いろいろな解釈ができそうだが、美しくて理想的な子どもと邪悪な存在。そこに飲み込まれそうになる子ども、彼らを何とかして救おうと立ち向かううちに正気を失っていく女家庭教師。

最初から最後まで不吉な空気に満ちていて、不安感に苛まれ落ち着かない気分で、昔のように物語の世界を存分に楽しむことはできなかった。
年を取ると怖がりになるのか。