りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

エヴリシング・フロウズ

エヴリシング・フロウズ

エヴリシング・フロウズ

★★★★★

席替え、クラス替え、受験、引っ越し…中学三年生の人間関係は、つねに変わり続ける。大阪を舞台に、人生の入り口に立った少年少女の、たゆたい、揺れる心を繊細な筆致で描いた、芥川賞作家、会心の力作長篇。

面白かった!津村さんの作品はほとんど全部読んでるけど、一番大好きだったデビュー作に匹敵するくらい好きかも。

読み始めてすぐに「あれ?この子はもしや?」と思ったら、そう!「ウエストウイング」で塾通いをしていたヒロシが主人公なのだった。
中3の男の子が主人公というのがとても効いている。津村さんの作品は結構イタイところをついてくるので、大人の女性が主人公だと読んでいて胸が苦しくなってくるのだが、今回は男の子が主人公なので、子どもであることの不自由さや、大人に頼らざるを得ない無力さを描きながらも、深刻になりすぎないお気楽さがあってそこがいい。

相手を心配しながらも近づきすぎない、何もかもを問わない、言いたいことがあってもたいていは黙って見守るだけという距離感が、男の子ならではで好ましい。
出会いと別れに感傷的になりすぎずに受け止めるところも新鮮で、読んでいてウキウキと楽しかった。良かった。ヒロシ、好きだわー。