りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

笑福亭たま 人形町独演会

9/12(金)、日本橋社会教育会館で行われた笑福亭たま 人形町独演会に行ってきた。

・昇也「短命」
・たま「荒寺幽霊」
・たま「猫の忠信」
・文治「掛け取り」
・たま ショート落語
・たま「客いじり殺人事件」

昇也さん「短命」
結婚の報告を師匠である昇太師匠にした時の話。
「結婚しようと思っています」と言うと師匠が小さな声で「裏切り者!」。
ブーケトスをしてみんなが昇太師匠の取らせようと思っていたのに、本気で自分が取りに行った昇々さん。
きっといつもしているまくらなのだろうが、昇也さんをこの日初めて見る人も多かっただろうし、まさにつかみはOK。
この間聞いたのと同じく「短命」だったけど、いやぁ昇太師匠に似てる!特に亭主が次々死んでしまうくだりのかるーい話し方が師匠そっくりで笑ってしまった。
そしてやはり今回も「うどん」のくだりで大爆笑。テッパンだなー。

たまさん「荒寺幽霊」
岐阜での落語会の話。東京や大阪と違って岐阜の人は擦れてない。丁寧っていうか純粋っていうかきちんとしてるっていうか。
会の1カ月前に「その日のお昼は何にしますか。サンドウィッチ、かつ丼、親子丼、他人丼から選んでください」とメールが。
1か月後のお昼なんか決められない…想像できない…。仕方なく、サンドウィッチなら最悪持って帰ることもできるしと思ってそう伝えると「みなさんサンドウィッチを選ばれます」 …当たり前やがな!
また、これは絶対ブログに書かないでくださいと言っていた、「腑に落ちた」話も面白かった。

「荒寺幽霊」、「うらめしや〜」って最初に幽霊が出てくるところが酷くて(風情も何もあったもんじゃない)大笑い。
たまさんはほんとに必ず爆笑させてくれるから好きだなー。

たまさん「猫の忠信」
一番頭に残ったのが「ぬくいつくり」。これがもう最高すぎる。
おつくり(刺身)に醤油をつけて口の中でれろれろやった後に相手の口にぽいっとやると、相手はそれをもちゃもちゃ食べる…それが「ぬくいつくり」。
それを聞いた男が「それじゃ醤油の味がせえへんやんか」「そこか!」。

文治師匠「掛取り」
いつものまくらでこここれはまた「源平盛衰記」か?!とドキドキしていると「師匠に季節を先取りするように教えられたので、大みそかの話をします」と「掛取り」。ほっ…。
これで落語家のものまねをするんだけど、一番大笑いしたのが円丈師匠。そっくり!!一人で大うけしてしまった。桃太郎師匠のまねも似てたけど、円丈師匠の方がよりそっくりだったなぁ。

たまさん ショート落語
こういうのを自分に課してやるというのがいかにも京大っぽい(ほんとか?)。
一番笑ったのが刑務所早口言葉。バカバカしいんだけどすごいおかしい。

たまさん「客いじり殺人事件」
客席巻き込み型落語。
まさかここまで巻き込むとは…。一番前に座っていた女性が「イエロー」と呼ばれたのが私の中ではハイライト。
楽しかった。