りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺

乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺

乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺

★★★

トルコ版『百年の孤独』といわれる傑作。郊外のゴミ処理場に住み着く人々と、彼らが創りあげる幻想的でグロテスクな異界の物語。

なかなか読みづらい本であったよ。テンションが読めないというかリズムに乗りづらいというか。幻想なのか寓話なのかリアルなのかよくわからなくて、笑っていいのか怒った方がいいのかどう反応するのがいいのか、正解が分からない。

作ったものが作ったはしから破壊されてもまた作る。怒られると分かっていても笑う。
一夜建てに暮らす人々のたくましさよ。
どん底にあってもなお生き続けようとするたくましさに励まされながらも、よくわからなかったなぁというのが正直なところだ。
私には難しかった…。