りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

後宮小説

後宮小説 (新潮文庫)

後宮小説 (新潮文庫)

★★★★★

時は槐暦元年、腹上死した先帝の後を継いで素乾国の帝王となった槐宗の後宮に田舎娘の銀河が入宮することにあいなった。物おじしないこの銀河、女大学での奇抜な講義を修めるや、みごと正妃の座を射止めた。ところが折り悪しく、反乱軍の蜂起が勃発し、銀河は後宮軍隊を組織して反乱軍に立ち向かうはめに…。さて、銀河の運命やいかに。第一回ファンタジーノベル大賞受賞作。

面白かった!
何でこの本を読んでみようと思ったかと言えば紀伊国屋書店の「本のまくら」でビビっときたから。

「腹上死であった、と記載されている。」

最高すぎる書き出しだ。

「後宮」とは王や皇帝などの后妃が住まう場所、いわゆる「大奥」か。
半ば人さらいのようにして後宮に入る女を集めることもある中、無知と好奇心で自ら志願して入ることになった田舎娘の銀河。
無鉄砲で怖いもの知らずで好奇心旺盛な銀河が、入宮して「女大学」で後宮哲学や性技術を学び友情を育み成長していく…。
そこに攻め入ってくる反乱軍。この反乱軍の中心にいる「混沌」という男がまた銀河以上に摩訶不思議な人物。

史実に基づいて描いているのか?と思うほどの大真面目な書きっぷりなのだが、これが全くのフィクションの世界ということに驚く。
そのしっかりした設定の中で、生き生きと描かれる登場人物たち。
みな一筋縄ではいかなくて善悪では割り切れない危うさをはらんでいるところがとてもおもしろい。

めくるめくストーリーなのに軽い。じっとりした内容なのにカラッと爽やかという、不思議な魅力に満ちた物語になっている。
想像力は最高のご馳走、そう再認識させてくれる作品。すばらしい。