りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

三遊亭兼好・春風亭一之輔 二人会「ってやんでぇ」

5/23(木)、座・高円寺2で行われた道楽亭出張寄席 三遊亭兼好・春風亭一之輔 二人会「ってやんでぇ」に行ってきた。
・鯉○「かぼちゃや」
・一之輔「夏泥」
・兼好「寝床」
〜中入り〜
・兼好「猫の皿」
・一之輔「らくだ」

鯉○さん「かぼちゃや」
鯉○さんも大好きな前座さん。真ん丸でかわいいんだ。
この日は真ん中2列目にいたので高さがちょうど高座といっしょ。ほんとに目の前なので目のやり場に困るほど。鯉○さんの緊張がもろにこちらにも伝わってきてドキドキした〜。

一之輔師匠「夏泥」
泥棒に入った家にいたのが商売道具の道具箱も質に入れてしまって裸で寝てる無気力な男。脅しつけて金を巻き上げようとしていた泥棒が気が付けば男に有り金全部渡してしまう。
こういうのが落語だよなぁ…。面白いなぁ。
後ろに座ったおばさんがこの噺を初めて聞いたらしく「あらまあ!まさか!」と本気で驚いているのがおかしかった。

兼好師匠「寝床」
これがもう破壊的に面白かった!多分この会を見に来た人は一之輔ファンの人が多かったと思うのだがかなり心をぎゅっとさらったんじゃないかな。さすがだ。
旦那が酷い義太夫の片りんをうかがわせる声慣らしが最高におかしい。もともと変な声の兼好師匠が、ぐえっぐえっやるのが最高すぎる。
また報告に来た男が臨場感たっぷりに聞いてきたことを再現するのがおかしいおかしい。
多分この日一番どっかんどっかんウケていた。最高だった。

兼好師匠「猫の皿」
「寝床」がウケすぎたので遠慮気味に(?)「猫の皿」をあっさりと。

一之輔師匠「らくだ」
一之輔師匠らしく、こわもての「らくだ」。
らくだのアニキ分の凶悪なこと…。迫力満点でその分笑いは少な目か。たっぷりだったので火葬場まではやらず。