りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

五派の会

12/27(金)、高円寺笑やで行われた五派の会に行ってきた。

・緑君「長短」
・べ瓶「ふぐ鍋」
・兼好「一分茶番」
〜仲入り〜
・談奈「元犬」
・圓丸「芝浜」

緑君さん「長短」
この間ガスを止められましたというまくらから「長短」。
好きなんだよなぁ、この噺。短気な男と気の長い男が会話をするだけの話だけどうまい人がやると本当に面白い。緑君さんの「長短」、悪くなかった。

べ瓶さん「ふぐ鍋」
はじめて見た噺家さんだったんだけど、面白かった〜。
途中から客席の笑いに反応してどんどんのりのりになってきてさらに大爆笑に。

兼好師匠「一分茶番」
前の日に文化センターの大ホールで見た兼好師匠を次の日は20名ぐらい入ればぎゅうぎゅうの小さい会場で見る不思議。だから落語はやめられない。 出てきた兼好師匠、「すてきな会場ですね。なんていうか、薬局の待合所?」 わははは、そうそう。そんな感じ。
こんなに近くで兼好師匠を見たのは初めてで、一つ一つの所作や絶妙の間に吸い込まれる。呼吸ひとつで面白いんだなぁ。
会場全体が笑いでひとつになって本当に幸せな空間。

談奈さん「元犬」
王子落語会に続いて二回目の談奈さん。あの時と同じ噺だったのがちょっと残念。

圓丸師匠「芝浜」
圓丸師匠は初めて見たんだけど、おかみさんが男らしくて泣きすぎないところと、勝さんが江戸っ子らしくさっぱりしているところがよかった。
ちゃんとした「芝浜」を見られて満足だ〜。