りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

らくごカフェ火曜会 天どん・こみち

11/12(火)、らくごカフェで行われた「天どん・こみち 火曜会」に行ってきた。

・こみち「姫と鴨」
・天どん「田能久」
〜仲入り〜
・こみち「厩火事
・天どん「よかちょろ」

こみちさん「姫と鴨」
「目黒のさんま」のお姫様版。こみちさんがやると「きちんとした古典」っぽいのだが、白鳥師匠の新作らしい。
後から出てきた天どん師匠が「あいつ、何も言わないからわからないですよね」と言っていた。

天どん師匠の「田能久」
CDの録音がはいっていたこの日。
演じる噺も指定されていたらしく、天どん師匠「田能久」は初めてかける噺らしいのだが、「あんまり面白くない噺ですよ」「物語としてあらすじを楽しんでいただければ」と。

  初めて聞いた噺だけど、こういうの結構好き。
皮肉な感じの天どん師匠の語り口にも合っているような。

こみちさん「厩火事
上手だなぁ…。これあんまり好きな噺じゃないんだけど、こみちさんが演じるお崎さん、とてもよかった。気が強くて口が達者ででもかわいくて。
遊び人の亭主も、女性から見て魅力のある遊び人に描かれていて、よかった。

天どん師匠の「よかちょろ」
こういうのをてらいもなくやってしまうところが天どん師匠の強味か?!
若旦那の歌が結構なのが本来の形なんだと思うのだが、そうじゃないのに平気でやってのけるのが凄い。(←とんでもなく失礼)
しかもそこがわらいどこになってしまうのが、またすごい。
面白い噺だったから、他のちゃんとした噺家さんのちゃんとした「よかちょろ」を見てみたいわー。(←最後まで失礼)