りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

いしいしんじの本

いしいしんじの本

いしいしんじの本

★★★★

自分にとって大切なものとなる本は向こうからやってくる。身体経験としての読書をめぐるエッセイ集。

書評というよりは、本をめぐるエッセイといったほうがいいのか。
すごく面白いところとなんのこっちゃかさっぱりわからないところと。
この人は物事を視覚的にとらえてそれを論理的に文章で表現するのだな。それが私は苦手なのかも。
感情に訴えてくる部分はストンと理解できるんだけどなぁ。

だからこの間エッセイを読んで面白いと思って、苦手だと思っていたこの人の小説もまた読み直してみようと思ったけれど、やっぱり何度読んでもだめなものはだめなのかも…とちらっと思った。

しかし読んだ本がこの人の血となり肉となり創作に繋がっていることがわかる。
とても良い本。