りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

私にふさわしいホテル

私にふさわしいホテル

私にふさわしいホテル

★★★★

「元アイドルと同時受賞」という、史上最悪のデビューを飾った新人作家・中島加代子。さらに「単行本出版を阻止される」「有名作家と大喧嘩する」「編集者に裏切られる」etc.絶体絶命のトラブルに次々と襲われる羽目に。しかし、あふれんばかりの野心と、奇想天外なアイデアで加代子は自分の道を切り拓いていく―。何があってもあきらめない不屈の主人公・加代子。これぞ、今こそ読みたい新世代の女子下剋上物語。

おおお。ヤケクソか?と思うくらいのはじけっぷり。作家が主人公というとどうしても本人との共通点を探してしまうし、どこからどこまでが本当のことなのだろう?と下世話な興味を抱いてしまうのだが、「本当のことだと思いたいなら思えばいいさ!」と開き直る姿勢が男らしくて素敵だ。
編集者とのビミョーな愛憎関係、賞争いの内情、書店員とのやりとりがリアルで面白い。

そしてなんと言っても団塊クソジジイ東十条がたまらない。分かりやすい敵役かと思いきや俗物なところも含めてカワイイじゃないか。
漫画チックな展開が少し鼻につくけれどスカッと楽しい小説だった。