りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

起終点駅(ターミナル)

起終点駅(ターミナル)

起終点駅(ターミナル)

★★★

生きて行きさえすれば、いいことがある。

笹野真理子が函館の神父・角田吾朗から「竹原基樹の納骨式に出席してほしい」という手紙を受け取ったのは、先月のことだった。十年前、国内最大手の化粧品会社華清堂で幹部を約束されていた竹原は、突然会社を辞め、東京を引き払った。当時深い仲だった真理子には、何の説明もなかった。竹原は、自分が亡くなったあとのために戸籍謄本を、三ヶ月ごとに取り直しながら暮らしていたという――(「かたちないもの」)。
道報新聞釧路支社の新人記者・山岸里和は、釧路西港の防波堤で石崎という男と知り合う。石崎は六十歳の一人暮らし、現在失業中だという。「西港防波堤で釣り人転落死」の一報が入ったのは、九月初めのことだった。亡くなったのは和田博嗣、六十歳。住んでいたアパートのちゃぶ台には、里和の名刺が置かれていた――(海鳥の行方」)。
雑誌「STORY BOX」掲載した全六話で構成予定です。

何となくモヤモヤと陰鬱な気持ちになるような作品が多くて、この作家さんはあまり短編向きではないのかな、という印象。

心を許せる人もいない中で奮闘しては空回りする女性記者や家族を捨てて世捨て人のように暮らす男やしたたかな女性歌人。登場人物がそれほど魅力的ではないだけに、短編だとただなんか嫌な話になってしまうような…。
最終話などは「ラブレス」を彷彿させるようでもあり、長編でたっぷり描かれたら説得力があったように思う。