りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

夜をぶっとばせ

夜をぶっとばせ

夜をぶっとばせ

★★★★

どうしたら夫と結婚せずにすんだのだろう。「思い切ったこと」がしたくなったある夜、ネットの掲示板に書き込んだことで、たまきの日々は「何かが決定的に」変わりはじめる―直木賞作家が掬いとる、あかるく不穏な恋愛小説。

このタイトルなのでもしやスカッとする話なのでは?という期待は見事に裏切られ。読みはじめて、ぐわっ!とのけぞる。

それにしても荒野さんの描く女性は虚ろだなぁ。
リアルを生きていなくて常に白昼夢を見てるような…やることは大胆なんだけどこれもどうせ現実じゃないからへっちゃらなのよ、みたいな無責任感がある。
酷い話なのにネコやらメロンやらちょっと笑える。メロンさんが押しかけてきたシーンは壮絶なんだけどなんか笑ってしまった。

二話目は夫目線からの物語でこれを読むとさらに一話の印象が変わる。
この夫も虚ろだなぁ…。

しかし好きなタイプの話ではないけど読み終わってしばらくすると嫌いじゃない感じになるのがこの作家の味なのか。好きじゃないわ〜と思いながら、きっとまた読んでしまうような気がする。