りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

愛 (文学の冒険シリーズ)

愛 (文学の冒険シリーズ)

★★★

愛の物語を一切省き突然の狂気へと読者を引きずりこむ表題作のほか、「真夜中の客」「競争」など、日常の風景のなかに無造作に悪意を投げ込んで練りあげられた文学的オブジェたち。グロテスクかつアンチ・モラルな短篇集。

第三弾はソローキン。 「この人はほんとに凄い本を次々と読むなぁ!」と以前からソンケーして追っかけている読書系ブログを書いている方が「やでやで…」とグロッキー気味の感想を書かれていて、俄然読んでみたくなって挑戦してみたのである。

覚悟して読んだんだけど、いやぁ参った参った…。
あら案外大丈夫よ?これなら、おほほ。淡々よりエモーショナルな方が好みだから。うん、大丈夫。なわたしを嘲笑うかのように、唐突に出てくるこれでもかこれでもかのスカト〇。卑猥なワードを連呼連呼。連呼がうん〇に聞こえてしまうほど、ソローキン(菌)にヤラれちゃったよ、よよよ…。

憧れの教師とともに過ごすキャンプ。得意分野に話が及びいつもは脚光を浴びない生徒に教師の視線があたったときの興奮。
そこまではわかるのよ、うん。なんとなくその興奮が性的な方に向くのもまあまあ…いいでしょう。しかしそれが森の中で先生が…そしてそれを生徒が…げふ…。
ああ、そう、そっち。そっちにいっちゃいますか。どうしてもそっちですか。

読みながら何度も思ったのは、「亀山郁夫よ、なぜ…?」
ここまでとは思ってなかった…。ものすごい破壊力だ。よくぞ刊行した国書刊行会。「文学の冒険」まさに冒険やな…。
暑い夏をますます暑く感じさせてくれてありがとう…。「青い脂」は次の夏に挑戦するか…。