りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

フィデリティ・ダヴの大仕事

フィデリティ・ダヴの大仕事

フィデリティ・ダヴの大仕事

★★★

妖精のようにキュートな女怪盗のフィデリティが、大勢の手下を使って大胆な犯罪を実行!! 悪徳商人やスコットランド・ヤードを手玉にとっての大活躍。 「ハウダニット」を楽しめる短篇集。 倒叙ものの名作『迷宮課事件簿』(ハヤカワ文庫)で知られるイギリスの作家、ロイ・ヴィカーズが〈迷宮課〉執筆前に刊行した『フィデリティ・ダヴの大仕事』。ミステリ・ファンに人気が高い1冊を初邦訳。

なんともいえず昔懐かしい香りがするなぁと思ったら、やはりかなり前の作品だった。

小学生の時に初めてルパンを読んだ時のことを思い出したよ。
弱気を助け強きを挫く。大胆不敵で無敵の美女怪盗。仲間には変装の達人の元俳優や科学者がいて、警察に正体を知られていてなお捕まえられない。
トリックは「おいおい?」っていうのもあるし、あまりにもとりとめなさすぎて正直それほど残るものはないけれど、安心して気持ちよーく読める。

こういうのもたまにはいい。