りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

都市と都市

都市と都市 (ハヤカワ文庫SF)

都市と都市 (ハヤカワ文庫SF)

★★★★★

ヒューゴー賞世界幻想文学大賞ローカス賞/クラーク賞/英国SF協会賞受賞!
ふたつの都市国家〈ベジェル〉と〈ウル・コーマ〉は、欧州において地理的にほぼ同じ位置を占めるモザイク状に組み合わさった特殊な領土を有していた。ベジェル警察のティアドール・ボルル警部補は、二国間で起こった不可解な殺人事件を追ううちに、封印された歴史に足を踏み入れていく……。ディック-カフカ的異世界を構築し、SF/ファンタジイ主要各賞を独占した驚愕の小説

面白かった!SFでもありミステリーでもありハードボイルドでもあり。
同じ場所に二つの国がありお互いを見ないようにして暮らしそのルールを破る行為はブリーチとして取り締まる。
トンデモナイ設定なのだが、ないことはないかも〜と思わせる説得力。
SFは得意分野ではないのだが、世界観から作り上げてしまうというのは本当にすごいなぁ。フィクションが好きならやっぱりSFは読まないわけにはいかないね!

主人公のボルル警部補がとにかくかっこええ!
絶対に犯人を捕まえる!という信念のもと、「見てはいけない」方の都市を訪れ、不自由な環境で捜査を進めるのだが、まわりを巻き込み仲間を見つけ真実に近づいていく。 ラストも素晴らしくて大満足。

「ジェイクを探して」 はピンと来なかったけど、これはドストライクだった!