りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

君がいない夜のごはん

君がいない夜のごはん

君がいない夜のごはん

★★★

今日も真夜中のキッチンで私は電子レンジの「あたためスタート」ボタンを押す。 人気歌人穂村弘の「食べ物」をテーマにした異色エッセイ集! 料理ができず、味音痴で、飲食店にひとりで入れない……、という著者の奮闘する姿に 思わずニヤリとさせられるものの、「自分もそうかも??」と我が身を振り返ってしま うこと必至です!

食に関する脱力系エッセイ。
ほぼ同年代だから、食に対する「感覚」に非常に近しいものがあって、「わかるわかる」「あるある」連発。
逆ソムリエもよくやる!だめだめやっちゃだめ!と思っても、自分の心の声につい耳を傾けてしまって、食べる気が失せることあるよなぁ…。

ただ、エッセイってなかなか自分のハートにぴったりくるものってないんだなぁ。
というか、エッセイって、本人のことがすごーく好きじゃないと、すごくいい!!っていう感想を持ちづらいというか。
人気のある人みたいだけど、私にはちょっとナイーヴにすぎるっていうか…そこまでうじうじせんでも…と思ってしまうところもあり、で残念ながらぴったりきた1冊ではなかったな。