りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

症例A

症例A (角川文庫)

症例A (角川文庫)

★★

仕事で追い詰められている時に読んでいたので、なんだか必要以上に息苦しく感じてしまった。
特に前半の、精神科医の榊が患者である17歳の亜左美に振り回される部分は、もっと酷いことが待っているのでは?とドキドキして読んでいて辛かった。

それだけに中盤、臨床心理士の広瀬と岐戸医師を訪ね、思いもよらぬ事実を明かされるところには驚き、おおおーそういう話だったのか!と驚いた。
これから話がどう進んでいくのか、榊が亜左美にどう向き合っていくのか?とわくわくしていただけに、この終わり方はちょっと…あまりに尻切れトンボのように思えたんだけど、どうなんだろう…。
あとサイドストーリー(博物館)に必然性が感じられなかった…。べつにいらなくない?

でもすごく調べて書いているんだろうなぁという感じはした。描写が緻密で荒唐無稽な感じがしない。作者はきっと榊のように優しくてくそ真面目な人なんだろうなぁ…。
遺書を残して失踪しているとのこと。大丈夫なんだろうか…。無事であってほしい。

以下ネタバレ。













まさか多重人格の話になっていくとは思っていなかったので驚いた。
しかも広瀬がそうだとは…。
岐戸医師が広瀬をどう治療していったか、今の広瀬ができるまでにどんないきさつがあったのかを語るところが、この小説の中で一番面白かった。
こちらの話をメインにすればよかったのに、と思った。