りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

東京島

東京島 (新潮文庫)

東京島 (新潮文庫)

清子は、暴風雨により、孤島に流れついた。夫との酔狂な世界一周クルーズの最中のこと。その後、日本の若者、謎めいた中国人が漂着する。三十一人、その全てが男だ。救出の見込みは依然なく、夫・隆も喪った。だが、たったひとりの女には違いない。求められ争われ、清子は女王の悦びに震える―。東京島と名づけられた小宇宙に産み落とされた、新たな創世紀。谷崎潤一郎賞受賞作。


これはいただけない…。

桐野さんの描く女を好きになれたためしはないのだけれど、それでも嫌悪感を抱きながらもものすごく引き込まれたり共感できるものがあったり…いつも最後まで読んで、なんだかよくわからないけどよくぞここまで…と思う。


でもこの主人公はただただ醜悪なだけだし、サバイバル生活もなんだか中途半端だし、結局この作品で何を描きたかったのかよくわからない。

なんでこれを映画に…?なんでこれが谷崎潤一郎賞…?