りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

百番目の男

百番目の男 (文春文庫)

百番目の男 (文春文庫)

★★★★

連続放火殺人を解決、異常犯罪担当部署に配属された刑事カーソンには秘密があった。誰にも触れられたくない暗い秘密だ。だが連続斬首殺人が発生、事件解決のため、カーソンは過去と向き合わねばならない…。死体に刻まれた奇怪な文字に犯人が隠す歪んだ意図とは何か。若き刑事の活躍をスピーディに描くサイコ・サスペンス。

猟奇的な事件にレクター博士みたいなブレインに…と、サイコミステリーの王道を行きながら、出世のことしか頭にない上司や組織の息苦しさの中で助け合う仲間たちがいたりという警察小説としての楽しさもある。

軽口叩いていい加減そうに見えて、でも辛い過去を背負っていて、仕事に真摯に取り組む主人公のカーソンくんがとても魅力的。
そしてそんな彼を優しく見守るハリーもいいやつ!

犯人とその動機には唖然。
ややバカミスっぽくもあるけど、エンターティメントとしては十分楽しめる。