りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

沼地の記憶

沼地の記憶 (文春文庫)

沼地の記憶 (文春文庫)

★★★★

教え子エディが悪名高き殺人犯の息子だと知ったとき、悲劇の種はまかれたのだ。若き高校教師だった私はエディとともに、問題の殺人を調査しはじめた。それが痛ましい悲劇をもたらすとは夢にも思わずに。名匠が送り出した犯罪文学の新たなる傑作。あまりに悲しく、読む者の心を震わせる。巻末にクックへのインタビューを収録。

何か悲劇的で決定的な出来事があったというのを匂わせつつ、じわじわと人間の嫉妬心や悪意に迫っていく作風は、まさにこの作者の真骨頂。

善意の裏には虚栄心があり、悪意の裏には嫉妬心がある。
希望は生きていく上で必要な大事なエネルギーではあるけれど、時としてそれが不幸を呼ぶこともある。
誰の心の中にもあるそれらの感情を描きながら、ミステリとしてもちゃんと読ませるところがすごい。

クックの小説は「うーん、実に面白い」と思う時と、「…だからなに?は?」とやたらイライラするときがあって、それはおそらく読む側のコンディションによるところが大きいような気がする。
今回はそれほどイライラもせず、でも100%堪能して「ぷは〜。おなかいっぱい」と満足することもなく、まぁほどほどに面白かった、という感じであった。