りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

球体の蛇

球体の蛇

球体の蛇

★★★

あの頃、幼なじみの死の秘密を抱えた17歳の私は、ある女性に夢中だった……。狡い嘘、幼い偽善、決して取り返すことのできないあやまち。矛盾と葛藤を抱えて生きる人間の悔恨と痛みを描く、人生の真実の物語。

ぐいぐい読ませる力はすごいと思うし、面白いから新作が出たらまた読むと思うけど、でもなんだかなぁ…。
人間の嫌な部分を描くのがどんどんうまくなっているような…?
なんか自分が見たくないものをたくさん見せられたなぁ…という感じ。

信じていた人の醜い部分を見せられるのは、たとえ本の中でもしんどいなぁ。
主人公のとった行動や言動にも嫌悪感…。 何が私は一番いやだったのかと考えていたんだけど、そうか、多分グロテスクなところが受け入れがたかったのだな、と気がついた。

以下ネタバレ。
















床下にもぐりこんで、気になっている女性とその家の主人の行為を盗み聞きする友彦。
美しいけれど時折残酷な行為を行うサヨの、割り箸事件。
乙太郎と智子の行為を見てしまう場面。

人間というのは、汚い面も持っていて過ちを犯してしまうものなのだということはよくわかるんだけど、それにしてもなんだかこれらの描写がどれもグロテスクに感じられて、どうにもこうにも…。
ラストももやっとしていて、なんだか誰を信じたらいいのか…という暗澹とした気持ちになった。