りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

これでよろしくて?

これでよろしくて?

これでよろしくて?

★★★★★

上原菜月は38歳。結婚生活にさしたる不満もなく毎日を送っていたのだが…。とある偶然から参加することになった女たちの不思議な集まり。奇天烈なその会合に面くらう一方、穏やかな日常をゆさぶる出来事に次々と見舞われて―。幾多の「難儀」を乗り越えて、菜月は平穏を取り戻せるのか!?コミカルにして奥深い、川上的ガールズトーク小説。

好き好き大好き!この小説、すごく好き!
「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」がものすごく良かったので、これは次に読む本が難しいなぁと思ってこの本にしたんだけど、大正解だった。
読んでいる間中、にやにや笑いが止まらなかった。この世界が好きすぎて。

義母、義理の妹との微妙な関係や、日々の暮らしがぐらつくような出来事や、自分の中にあって時々自分を支配しそうになる「毒」。それらのものたちを独特のユーモアたっぷりの文章で描いていく。
主人公菜月のマイペースでお人よしなところがなんともいい味を出しているし、わかっていなさそうでわかっているようでピントがずれている光も、義母ママンも、飄々としている土井母も、きっちりとした自分流儀を持っている妹尾も…。とにかく出てくる人たちがみんなクセがあるけどとてもチャーミングだ。

そして何よりこの「これでよろしくて?同好会」が良すぎる!
彼女たちの会話を聞くとはなしに聞いていたカップルの女性の方が、途中から会話に加わりたくてしょうがないような様子で、後ろ髪をひかれるようにして彼氏と店を出て行く、っていう描写があったんだけど、その気持ちわかる〜。私も自分の近くでこんな会話がされていたら、もう絶対に仲間に入りたいもの。
私も入りたい〜。私も間違いなく「くえないおとな」だから、同好会に入る資格はあるはず。

リアルだけどちょっとシュール。そこがとっても良かった〜。