りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

あるキング

あるキング

あるキング

★★★★

天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。
山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の者によって語られる。わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語。『本とも』好評連載に大幅加筆を加えた、今最も注目される作家の最新作!!

タイトルを見た時からこれは多分変な話ね?意欲作ね?と思っていたけど、読んでみたらやっぱりなんじゃこりゃー。(←私にとったら褒め言葉
多分あれだ。「ゴールデンスランバー」を書いて疲れちゃったんだね?
読者のこととか、ちゃんとしたオチとか、押したり引いたりとか、そういうの今回はやらないかんね!おれの好きなように書くかんね!という心意気が感じられて、私は嫌いじゃない。大好きー!ってほどではないけれど。
でも好みが分かれる作品だろうな。

ただね。私、野球が好きなんだよね。そして野球以上にすきなのが、野球を描いた小説なのだ。
「さよならゲーム」とか「フィールドオブドリームス」とか「ストライクゾーン」とか。好きな野球小説はたくさんあるけど、「あるキング」は野球小説として見ると物足りない。野球への愛が感じられないから、かな。
終始突き放したトーンで書かれているから、登場人物に対してあんまり愛着ももてなかったしね。
でもそれは「王」が主役だからしょうがないといえばそうなのかもしれない。なんてね。