りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

火刑法廷

火刑法廷 (ハヤカワ・ミステリ文庫 5-1)

火刑法廷 (ハヤカワ・ミステリ文庫 5-1)

★★★★

ちょっと読むのに時間をかけすぎたせいかな。なんか全体的に間延びしてしまった(私の中で)。
特に前半は、なかなか物語の中に入り込めなかったというか、テンションの高さについていけなかったというか…。
訳文がさすがに古めかしいのだ。
「あら、もちろんあなたは私のことを愛しているわよね。そうおっしゃって!ららら〜」みたいな…。
いや、ららら〜はないけど。

ネタバレになるから詳しくは書けないけど、でもこの展開は今読むととっても斬新だ。
今の小説でこれをやるのはかなり難しいのでは…。

なんか独自のスピード感(遅い方)があって、それはそれで面白かった。