りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

君は永遠にそいつらより若い

君は永遠にそいつらより若い

君は永遠にそいつらより若い

★★★★★

大好きな津村記久子のデビュー作。これを読んでますます好きになった。あー、これ大好きだ。ものすごく好きだ。

身長175センチ、22歳、処女。いや、「女の童貞」と呼んでほしい―就職が決まった大学四年生のだるい日常の底に潜む、うっすらとした、だが、すぐそこにある悪意。そしてかすかな希望…?第21回太宰治賞受賞作。

この人のバランスがとても好きだ。
明るさと暗さ。軽さと重さ。弱さと強さ。
そのさじ加減が私にはものすごく心地よくぴたっとくるのだなぁ。
そして時々ぼそっと書いてあることが、自分の中のコアな部分と共鳴する。「ああ、わかる」を通り越して「なんでわかっちゃったんだ?」とちょっとぞくっとくるほどだ。

日常の中に潜む暴力や悪意。
精神的な暴力、言葉の暴力、肉体的な暴力、圧倒的な暴力。
八割方は善意に囲まれているぬるま湯な日常にも、暴力はある。
ちらっと見たときには気持ちがざわつく。目の当たりにしたときにはなす術もなく全身で受けてしまい、その後で自分も暴力的な憎悪を抱く。

無力でまとまりのない自分であることにはかわりはないけれど、自分が大切な人と関わっていくときに必要なことをやっていこうと決めた主人公ホリガイの姿には励まされる。
そして最後にわかるこのタイトルの意味。…たまらない。