りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

魔王

魔王 (講談社文庫)

魔王 (講談社文庫)

★★★★★

「魔王」っていってもあの魔王じゃないよ!ってつぶやかずにいられない大野ファン。

伊坂幸太郎は読み始めるとすぐ物語に引き込まれるのだけれど、読むときちょっと気が重くなる作家だ。
気安く読める小説じゃないんだな。テーマも重いものが多いし。だけど読んでみると、冷たさと温かさのさじ加減がものすごく上手で、夢中になって読んでしまう。重いテーマでもなぜか少しだけ心が温まる。

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。

第一話が「魔王」
安藤が感じている違和感、恐怖感はものすごく理解できる。自分が日ごろ抱いている説明のつかない気持ちを上手に説明してくれた気がした。
それだけにこの結末は…だったんだけど、それでも少しだけふっと笑えるというところが、きっと伊坂幸太郎がこれだけ多くの人に読まれる理由なんだろうなぁ。

第二話「呼吸」。こちらは安藤の弟、潤也の物語。
これがあってよかった…。「魔王」で終わらなくて良かった。
それにしても、伊坂作品には兄弟の絆が救いになっている物語が多いような気がする。
ちょっと終わり方があっけなくて「え?」って感じだったんだけど、これはこれでありなのか。