りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

夏光

夏光

夏光

★★★★

哲彦が疎開先で出会った喬史の顔の左半分を覆う黒痣。村人たちはスナメリの祟りと忌み嫌うが、喬史の左目にはそれ以上の秘密が……

帯には「”恐怖の女王”降臨!」とあり、ジャンルでいうとホラーになるようなのだが、ホラーで片付けるには惜しいような小説。怖いんだけど怖いだけじゃない。叙情的で深みがあって少しだけ爽やかさもある。
爽やかに感じるのはおそらく子どもの視点で描かれている作品がいくつかあるせいかもしれないが、爽やかで終わらないのはやはりホラーだからなわけで…。そのあたりのバランスが絶妙なのだ。

表題作でオール讀物新人賞受賞作「夏光」と「Out Of This World」と「風、檸檬、冬の終わり」が良かった。特に「風、檸檬、冬の終わり」はなんだかわからないけど読み終わった時泣いていた。