りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

真夜中の五分前side-A/真夜中の五分前side-B

真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A

真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A

真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-B

真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-B

★★★★★

小さな広告代理店に勤める僕は、学生時代に事故で失った恋人の習慣だった「五分遅れの目覚まし時計」を今も使っている。その五分ぶん、僕は社会や他人とズレて生きているようだ。そんな折り、一卵性双生児の片割れ「かすみ」と出会う。かすみは、双子であるが故の悩みと、失恋の痛手を抱えていた。かすみの相談に乗り、彼女を支えているうち、お互いの欠落した穴を埋め合うように、僕とかすみは次第に親密になっていく―。

実は本多孝好が結構好きだ。
どの小説もたいてい主人公がとても魅力的だし、出てくる女の子がこれまたいいし、日常とちょっと不思議な出来事とのバランスがいい。
読んでいて不快な気持ちになることがないんだよな。清潔感があるっていうか。

とそこまで言いながら、読んだのはほんとに久しぶりなんだな。
なんとなくちょっと「小さい物語」っていうイメージがあって。私はもっとでっかい物語が読みたいんじゃー!っていう読書をしていたからね、この数年。

で、久しぶりに読んだ本多作品。
これは良かったなぁ…。好きだーこういう小説。こういう甘さ、好きなんだなぁ。