りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

重力ピエロ

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)

★★★★★

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

今まで読んだ伊坂幸太郎作品の中でこれが一番好き。
伊坂幸太郎って一見トリッキーでドライな感じがするけれど、でも実はハートウォーミングっていうかバリバリ人情みたいなところがあって、そのバランスが絶妙だと思う。そこが「あざとい」と感じる人もいるかもしれないけれど、私はOKだな。

親子の愛とか、自分の中の善の部分とか、そういう部分を真っ向から否定しているような小説は読みたくないんだな。私の場合。
だからこれは好きだ。物語としてはちょっと破綻しているかもしれないけど、このお父さん好きだ〜。そして語り手であるおにいちゃんもいい。