りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭のうちどころが悪かった熊の話

★★★★

もし人生の意味に悩んだらとりあえず食べてみてください。7つの動物ショートストーリー。「小さな童話大賞」(毎日新聞社主催)受賞作『いただきます』収録。

表紙と題名が前からずっと気になっていた本。
これはいつものように一生懸命(?)集中して読むような本ではなく、少しずつゆっくりと読んだ方がいい本だなと思ったので、毎晩布団の中で1話ずつ大切に読んだ。布団の中で電気スタンドの小さな光の下で読んでいると、頭がこんがらがってきてとろとろと眠くなってきて、なんとも気持ちよかった。多分ぎゅうぎゅうの通勤電車の中で読んだら「けっ」と思ったかもしれない。
やっぱり本にもTPOがあるのだな。

「人生について考える7つの動物寓話」とあるけれど、人生を考えさせられたりはしなかったな、わたしの場合は。それよりなんか時々自分がおかしなことをぐるぐる考えて、そのぐるぐるに目が回ってきて、何を考えていたかもわからなくなってきて、あとにはぐるぐるだけが残った、そういう時と同じような感じがした。
子どもが読むにしたらちょっと毒が強すぎる?いやでも子どもって結構大人が思うより毒があるから、読みながらけたけた笑ったりするんだろうか。ちょっと気になる。