りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

12月に読みたい本

11月に読んだ本は26冊。まだ衰えない読書熱。
ほとんどの本は図書館から借りて読んでいる。だいたい2週間で10冊ぐらい借りて読み切る。足りなくなったら積んでいる本を読む。特に急いで読むつもりはないんだけど、通勤の時に持ち歩くからできれば単行本2冊は持ちたくなくて、頑張れば読み終わりそうと思うとついつい一生懸命読んでしまう。
借りる本は結構厳選しているから、つまらないと思って投げ出すことが最近はほんとに少なくなった。「うへぇ。好きじゃないなぁ」と思ってもたいていは我慢して読みきっている。
だけどこういう読み方に向かない本もあるなぁと感じることの多い11月ではあった。この間読んだ「20世紀」や、短編集なんかは、集中して1〜2日で読みきるより、毎晩ちょこっとずつ読み進めたり布団の中で一日一話読んだりするほうが、きっともっと楽しめたような気がする。

なんてちょっと反省しつつ、12月もきっとがつがつ読むのだろう、私は。
で、12月に読みたい本。

まずはこれ。入っているコミュの課題本。私もこれ絶対持ってるはずなんだけど、最近見かけてないんだよね…。もしかして実家にあるのかもしれないなぁ。さ、探しに行くか?でもさ、昔の文庫本って今より文字サイズがすんごい小さいよね…。しかも相当古いからきっとかなり変色してるだろうし。むーん。

夜間飛行 (新潮文庫)

夜間飛行 (新潮文庫)

それから月に1つぐらい大作を読もう!ということで、12月はベルリン3部作に挑戦したいぞ、と。

ベルリン1919

ベルリン1919

ベルリン1933

ベルリン1933

ベルリン1945

ベルリン1945

アーヴィングを読もうも継続中。これは昔読んだことがあるけど、全然記憶に残ってないので再読したい。

サーカスの息子〈上〉 (John Irving collection 1989-1998)

サーカスの息子〈上〉 (John Irving collection 1989-1998)

サーカスの息子〈下〉 (John Irving collection 1989-1998)

サーカスの息子〈下〉 (John Irving collection 1989-1998)

あとここらへんも気になっている。

怪人エルキュールの数奇な愛の物語

怪人エルキュールの数奇な愛の物語

ミスフォーチュン

ミスフォーチュン

紙葉の家

紙葉の家

耳ラッパ―幻の聖杯物語

耳ラッパ―幻の聖杯物語

さて、12月はどれぐらい読めるかなぁ…。