りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ハル、ハル、ハル

ハル、ハル、ハル

ハル、ハル、ハル

初めて読んだ古川日出男。うーん…。私はこの小説には正直言って疾走感ぐらいしか感じるところはなかった。題材、文体、表現の仕方がどれも刺激的で、私にはちょっと「やりすぎ」に思えてしまったのだなぁ。
小説の内容が奇をてらっているのは大好きだけど、表現の仕方が奇をてらっているのはあまり好きじゃない。頭が固いのかもしれないけれど、普通の文章でどえらいことを表現してくれよ、という気持ちがある。それに、刺激的な事件が題材になってなくても十分刺激的であることはできるんじゃないの?とも思う。

私はロックが好きでライブにもよく行く。演奏が激しいのは好きだけれど、それを聴いて踊ったり歌ったり腕を振り上げたりするのは好きだけど、でもダイブしたりギター壊したりするのは「ちょっと違う」と思う。それは音楽ではなく暴力だと思うのだ。音楽をやっているのだから音楽だけで表現してほしい。そういう感覚かなぁ。音楽は音楽、小説は小説、その枠の中できっちりやってくれよ、と。

これが好きな人もいるだろう。でも私は他に読みたい小説がまだまだたくさんあるから、こういう小説は特に読まなくてもいいかな、と思ってしまった。