りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

グラスホッパー

グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

★★★

「人は誰でも、死にたがっている」「世界は絶望と悲惨に塗れている」でも僕は戦おうと思うんだ。君との記憶だけを武器にして―待望の書き下ろし長編。

残虐なシーンが多いのとあまりにも簡単に人を殺していくことにまず違和感。そのわりに軽い感じであることにも違和感。そして人物(鯨、蝉、槿)に「人間っぽさ」がなく「お人形」のようでうーんうーん…。これがハードボイルドっぽい作品であるというのなら、私はハードボイルドは苦手だ。
主人公鈴木もそれほど掘り下げて描かれていなかったから、あんまり好きになれなかった。たまに鈴木が思い出す殺された奥さんのほうがよっぽど魅力的だったなぁ。

それでも、ああ…なんかちょっと分かるなぁとどきっとするセリフもあった。ラストも嫌いじゃなかった。

「危機感っていうのは、頭では分かっていても、意外に実感を伴わないものだからね」
(中略)
「いくら危ない状況にいてもね、たぶん大丈夫だろう、って思うもんなんだって。(中略)指名手配犯がパチンコ屋に行くのと同じ真理だよ。まあ大丈夫じゃねえか、って考えてるわけ」

伊坂作品これで3作目だけど、最初に読んだ「チルドレン」が今までのところ一番好き。