りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

間宮兄弟

間宮兄弟

間宮兄弟

★★★★

ああ。これ面白かった!映画になったときから一度見てみたいと思っていたんだ。
囚人のジレンマ」で頭が痺れたので、楽に読める本を求めて手にしたのがこれ。

兄・明信、35歳、酒造メーカー勤務。弟・徹信、32歳、学校職員。2人暮らし。読書家、母親思いで、マイペースで人生を楽しむ兄弟だが、おたくっぽいと女性にはもてない。一念発起で恋人をつくろうと、徹信の同僚・依子と、ビデオ屋の店員・直美を誘って家でカレー・パーティーを開く。不倫の恋に悩む依子は兄弟には興味なし。明信は直美をデートに誘うが断られる。その後徹信は、明信の同僚・賢太の妻・沙織に心惹かれるが冷たくふられる。しかし、直美の妹・夕美は徹信に興味を持つ。そして、兄弟の純粋な感性は次第に女性たちの心を動かすことになる……。“そもそも範疇外、ありえない、いい人だけど、恋愛関係には絶対ならない”男たちをめぐる、江國氏の最新恋愛小説。

いやーいいなぁこの兄弟。好きだわー。江國香織が書く男性をだいたいにおいて好きになれたためしがないんだけど、この2人は好きだ。
カレーパーティ、ボードゲーム鉄道模型、母親への誕生日プレゼント、帰省、読書の日、ジグソーパズル、女性に対する空回り具合。どれも愛おしくほのぼの良かった。
この兄弟、いいところがたくさんあるのに、恋愛関係に発展することがないっていうのがつらいところだなぁ…。
なんていうか彼らの恋の仕方は、もうだめでもともとっていうか、負け癖がついてるっていうか、失恋に向かってまっしぐらに進んでいるように見える。一方的すぎる?客観性が足りない?キャッチボールができてない?
なんかでもこれ、わかるんだなぁ…。自分にもこういうところがあるから。一か八かっていうか、結論を急ぐっていうか、自分の気持ちに正直にあれとするあまり相手にはものすごく唐突に思われてしまうというか。多分自信のなさのあらわれなんだろう。切ない…。