りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

比類なきジーヴス

比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)

比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)

★★★

忘れた頃に予約が届くジーヴス物。
よしきた!が面白かったので、順番に読もうと思って予約した「比類なきジーヴス」。こちらが届く前に、次に予約を入れた「それゆけ」が届き先に読んだけど、別に順番はどうでもいいみたいだ。ははは。

目次を見たら「ビンゴが為にウエディングベルは鳴らず」「同士ビンゴ」と、やたらと「ビンゴ」という単語が出てくるので、今回はバーティがビンゴにはまる話なのかと思ったら、ビンゴというのは彼の(だめな)友達の名前だった…。

惚れっぽくて会う女性全員に恋してしまうビンゴ。恋をするたびにジーヴスの助言を求めてバーティのもとを訪れるのだが、毎回あきれながらもあれこれ世話を焼いたり厄介ごとに巻き込まれるバーティと、時に親身に時に冷ややかに助言をするジーヴス。

ワンパターンといえばワンパターンなんだけど、この作品のように一話ずつ完結しながらも前の話とちょっと続いているという、このスタイルが私は好きだなー。

ところで、池袋に「メイドカフェ」ならぬ「執事カフェ」があるらしい。ジーヴスみたいな執事もいるのかな。ちょっと気になる…。