りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

頼むから静かにしてくれ(1)

頼むから静かにしてくれ〈1〉 (村上春樹翻訳ライブラリー)

頼むから静かにしてくれ〈1〉 (村上春樹翻訳ライブラリー)

★★★

これも村上春樹翻訳ライブラリーより。

初めてカーヴァーを読んだ時の衝撃は忘れられない。
こういう小説があるんだ。短編小説ってこんなに面白いものなんだ。今のアメリカの作家ってこんな作品を書くんだ。
もっとこういう本はないんだろうか。もっとほかにこういう作家はいないんだろうか。そんなところから、今の私のアメリカ作家好きが始まったんだと思う。

今こうして読み返してみると、カーヴァーは私にはちょっとナイーヴすぎ、内省的すぎるように感じられる。この微妙に揺れ動く感じに当時はとても感激したんだけど、あれからいろんな作家の小説を読んできた私には、ちょっと物足りなさを感じるし、繊細すぎるような感じがしてしまう。いやこれはあくまでも好みの問題なんだけど。

どことなくかみ合わない会話。話しているうちにだんだんいらいらしてくる感じ。自分の中にもやもやとくすぶる何か。そういう部分を実にうまく表現するよなぁ、カーヴァーって。

好きだったのは「隣人」「アラスカに何があるというのか?」
このもやもや〜が私にはとてもカーヴァーらしく感じられる。