りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ぼくの不思議なダドリーおじさん

ぼくの不思議なダドリーおじさん

ぼくの不思議なダドリーおじさん

★★★★
ユアグローといえばなんといっても「一人の男が飛行機から飛び降りる」。奇想天外でブラックでつかみ所がなくて‥。そんな印象。

これは読んでいて「え?これがユアグロー?」って確かめたくなるほど、読みやすくて素直なストーリー。ヤングアダルト小説ってことだから余計に読みやすいんだろうな。

これを読んで北杜夫の「ぼくのおじさん」を思い出したよ。小学生の時に読んでそりゃあもう笑って大好きだったよ。

ここに出てくるダドリーおじさんもほんとに愛すべき人物で、彼に憧れつつ、でもどこかで「もしかしてこの人ってかなりだめな大人なのでは?」と我にかえる「ぼく」がかわいいんだ。