りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

たたり

たたり (創元推理文庫)

たたり (創元推理文庫)

★★★★
スティーヴン・キング絶賛のホラーの古典。

実はこの人の「ずっとお城に住んでいる」と「野蛮人たちとの生活」も読んだことがあったんだった。
「野蛮人たちとの生活」は、作者の子どもたちとのどたばたな生活を綴ったエッセイだったけど、あの人がこんなホラーを書くのかとびっくり。

これはいわゆる呪われた家のお話。ひたひたと迫る恐怖。主人公のエリーが徐々に恐怖に侵されていって、恐怖に飲み込まれていって、徐々に正気を失っていくところが、本当に怖い。

古典的な題材なのだが、虐待された子どもの悲鳴や、残酷なほど支配的な父親、全ての怨念を飲み込んでいるような屋敷。

心理描写だけでここまで怖さを感じさせられるものなのか。すごい。