りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

沈黙のあと

★★★★
うわ。このラストは、どう理解したらいいんだろう。

今まで読んだ「死者の書」「パニックの手」とはまた一味違う作品だ。

どう違うかというと、非常に内面を掘り下げて描いていて、「普通の小説」のようなのだ。
しかしどこかに悲劇が待ち受けているような、何かが不気味なことが起きるような、そんな予感も少し漂わせていて、そして最後にあっ!と言わせるところが…ああやっぱりキャロルだったんだなと思わせるのだ。

ある瞬間、ある一言を境に、あんなにかわいかった少年が変貌していくのが、とても不気味で恐ろしい。

後半にはいって加速をつけて物語が進んでいくので、ついていくのが大変だった…。

真には理解できていない気がするんだなあ‥。